COMPANY PROFILE - 会社概要

沿革

ホーニング加工とともに60年以上。
イノベーションはこれからも続きます。

1948(昭和24年) 会社を設立し、本社を大阪に置く。
1955(昭和30年) 横型手動ホーニング盤の製造開始。
1959(昭和34年) 自動ホーニング盤の開発。
1962(昭和37年) 茨城県土浦市に土浦工場建設。
1968(昭和43年) インプロセスエアー定寸の開発。
1975(昭和50年) 二輪エンジン専用加工機を開発。
1982(昭和57年) 四輪エンジン専用加工機を開発。
1985(昭和60年) コンロッド専用加工機を開発。
1987(昭和62年) CNCホーニング盤を完成、見本市に出展。
1989(平成元年) 適応制御技術を完成。
1990(平成2年) 自動ツール交換装置を完成。
1994(平成6年) 小径(メカ)加工の開発
1995(平成7年) 本社東京移転。
1996(平成8年) 油圧メカ対応VRシリーズ開発。
1998(平成10年) 焼入エンジン加工方法確立。
2000(平成12年) 環境対策対応機MRシリーズ開発。
2003(平成15年) 測定フィードバック補正加工方法確立。
2004(平成16年) 主軸シフト対応MRXシリーズ開発。
2005(平成17年) 自動治具交換装置を完成。
2006(平成18年) NC同期制御加工方法確立。
2007(平成19年) 横型NCホーニング盤開発。
セル型ランダム生産対応機開発。
2010(平成22年) ローコストNCホーニング盤CLシリーズ開発。
2014(平成26年) 土浦工場全面改修、環境対応工場となる。
2016(平成28年) ISO9001・14001認証取得。